PHOTO
LINKS

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

COMMENTS

PROFILE

KANZAI PEOPLE

KinKi Blog りんく


みんなのブログポータル JUGEM
<< タイトルなし | 大阪26日レポ(2) >>
2008年05月30日(金)  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
2006年12月28日(木)  大阪26日レポ(1)
♪今夜は雪が降りそうだね、と歌っちゃうぐらいさみぃなぁとぞうきん絞りながら思ってました(今日は部室の大掃除)そしたら今、雪降っててびっくり!ほんまに今夜降っちまったよ!
相変わらず亀並のスピードかもしれんけど、頑張って愛コンれぽするよ。途中で断念することのないようにしっかりねあたし。

ちなみに今回のあたしの席は三塁側のステージ横で前から2列目ぐらい。
みらこんといい、今年のあたしは端っこギリギリが定位置のようです。

大阪26日レポ(Overture〜おーぷにんぐMC)

意味のわからないメモはこの色で笑。


■Overture
宇宙を表現した感じで、なんか、スペースマウンテン!みたいな。謎
そう言われてみればステージも無機質で宇宙っぽいかなーてこのとき思いました。

■真冬のパンセ
予想というか希望通りの一曲目!
ギラギラ銀色のお衣装でふたり登場!これも宇宙モチーフなんやろか。
メインステセンターでわんふれーず歌ったあと、左右に分かれて花道へ。
こーちゃが一塁側でつおしが三塁側でした。こーちゃんてくてく歩いててきゃわ!
花道通ってるときに、気付いたらふたりとも銀色ジャケット脱いではった。

つおしが目の前通ったときにイヤモニがピンクであることを確認☆

■雨のMelody
花道から中央を横断するムービングステージに乗ってこの曲へ。
踊ってへんねんけど、たまにつおしさんの腰がヤバかった。えろー。
こーちゃも手ぐーにしてふにふにリズムとっててきゃわかった。

「つよし」って書いてあるんやけど、固有名詞すぎて何かわかんない笑

■ビロードの闇
緩めに踊ってる☆ 生「おーう」に感激!

メインステージから女性ダンサーさんを乗せたムービングステージがきっずの傍まで来て、きっずたんお乗り換え。
そのまま後方へ移動。

「君だけターン」  ターンがかあゆかった模様。謎

■Rocketman
なんかこの辺でこーちゃが一発目の挨拶してたように思うんやけど、何言ってたか聞き取れずくやしい。
バックネットあたりでトロッコ登場☆ きっずたん乗り込んで左右に分かれます。こーちゃが三塁側、つおしが一塁側。
こーちゃが色々お客さんを煽りまくり。いちいちきゃわいんだそれが。
「もっと!」  「きゃもん!」  「ふぇいっ!」←萌
楽しい一曲でした!
でもこーちゃん、ジャンプの要求はやめようね☆

トロッコが端っこまできたら、花道通ってメインステージへ。
こーちゃんがトロッコから花道に飛び乗っててびっくり。(じゃーんぷ!て感じ)
危なくないのかえ!

■Harmony of December
きれーい。ダンサーさんが手話で踊ってはんの。
「じゅうにが つ」の肘インはあたしの席から微妙で確認できず。ぐすん。
最後のサビあたりから何故か花火出現。びっくりした笑。
ハモも絶品やったなー。

■おーぷにんぐMC
メインステでMA無しのふたりぼっちトーク。

「みっさこばんわ!」 (訳:みなさんこんばんわ!)  早口すぎて何言ってるかわからんぐらい元気なご挨拶☆
「どーもとこーいちです」
「どーもみなさんこんばんわ…」 おっさん口調☆
「こんばんわーっ!」  つよしの背後から叫ぶこーちゃん。お客さんに向けてではなくつおしに向けてなの笑。

「昨日もここで7回公演やりましたけどね」  多!
「やってへーん!」

こーちゃんがつおしのお帽子(Mステでも着用の紫のやつ)をもふもふ触りまくり。
「かわいーっすねぇ、きもちいーっすねぇ」  もふもふもふもふ*
「お客さん放置ですよ。そういうことは楽屋でやってください。」
ここで一瞬固まるきっず。
「………ちゃうわ!楽屋でも嫌や!」  焦るつおし笑
「えーやん、放置プレイじゃ☆」  それを見に来てるんでしょ、と言わんばかりの笑
こーちゃんとっても楽しそうにもふもふしてはります。

もふもふプレイ(何)のあとに
「毎年ソロからここに帰ってきて思うけど、やっぱりきんきは幸せな場所です」
会場ほっこーり*

「負けてられへん」  「そこは競わんでええとこやないか」  「なんもあらへんやないか」

昨日はクリスマスでしたって話から、
「昨日、冬やけど熱い夜を過ごした人いるんじゃないの」  しゃくれ顔で嫌味なこーちゃん
「おれはー!MAと!大貧民!」  自慢毛
「つよしさんは昨日の夜なにしてたの?」
「おれはイラストレーターで遊んでましたね。」  にやり顔。何故?笑
「くらぁい!ひゃはは!」  嬉しそ笑

そしてこーちゃん、大貧民ちうの事件を語り出す。
浴衣姿だった秋山が屋良にゃんにポロリしてしまったそうです。
「聖なる夜に見たくないものをー!て叫んでた」

「昨日彼氏とおった人ー?」
お客さんのごく少数が 「はぁーい!」
「まぁ、統計的に少ないね…」
「ふは!じゃあ彼氏いるひとー?」
ぱらぱら 「はぁーい!」
「圧倒的に少ないやないか!」  びっくりしてた笑
「ひゃはは!」

「じゃあ今日は僕が彼氏になってあげるよ☆」
会場 「きゃーー!」
「言っとくけど僕はそんな気さらさらないからね」  ぎゃ!
「そんなん言いなやー!」  なだれ顔*
「だって一方的にゆうてもさ、そんなん嫌やわボケ!て言う人もおるわけやん」
「なんでー!夢持たせるのも俺らの仕事やん」  えー。笑

「僕はー、ありのままの僕をみんなに見せるから。そんな僕を愛して欲しい。」  惚れるか思った。
この言葉にこーちゃん突然ちっちゃくしゃがんでつおしの足をキック。
瞬時につおしが 「ありキックちゃうがな」
会場ぽかーん。 この人ら、い、意味わからん!笑
「ひゃはは!」  ……。
「おれもこんな瞬時によぉ ありキック って分かったな…」
「バンドの人達笑ってくれたから俺は満足」 後ろから笑い声聞こえたんかな。
「君と城島茂はドームで細かいことやりすぎんねん」

つよしが城島リーダーの細かいネタを再現。
「奈良の人は独特の雰囲気の人多いからな」
「もうリーダーは奈良というより宇宙!」  自分もある意味宇宙ですよ。

「こいちさんっ」
「はいっ」
「ギリギリに立ちますねー」
どうやらこーちゃんがステージ前方ぎりぎりに立っていた模様。
「僕はここから一歩踏み出してもまだ大丈夫な安全地帯なんですけど、光一君一歩踏み出したら溝に落ちますからね。」
「少しでもYOU達のそばにいきたいんだよ」
じゃあもっと前に行く、と言って、溝を越えて機材置き場の上ギリギリに立つこーちゃん。
でも興奮してるのはAブロ前列のひとだけで、会場は微妙な盛り上がり笑。
「ちょっとちがうかったな…」  ぼそ
「うん、違う…」  ぼそ
きゃわきゃわー!

「最後まで楽しく、熱く盛り上がっていきましょう!よろしくおねがいします!」

→Next report

| らいぶれぽ | 17:33 | comments(0) |
2008年05月30日(金)  スポンサーサイト
| - | 17:33 | - |
コメント
コメントする









http://lovinglyxxx.jugem.jp/trackback/262